→続き

ずっこけるハウザー
「へ?お・・・お前〈七つの大罪〉のペットのポーク?」

 
 
 
 
スポンサードリンク


 
 

ホーク
「ペットでもねえしポークでもねえ!!残飯処理騎士団団長様じゃーい
人の残飯タイムを邪魔しやがって~
どうやらお仕置きが必要なようだな~!!」

七つの大罪番外編

そこから取り出したお肉を食べるホーク
「 “変身(トランスポーク)” ・・・」

七つの大罪番外編

ダークスノウのような黒い球体のものが出てくる・・・

ハウザー
「この技・・・まさかあの魔神の・・・だとしたらやべぇ!!」

その黒い球体は・・・

人々のご飯に触れ、一瞬にして残飯に・・・!!

スポンサードリンク

町人達
「わー!!オラの朝食が残飯にー!!」
「キャー今朝採りたての野菜が~!!」

ホークを軽くぶっ飛ばすハウザー
「・・・ “ライジングトルネード” 」

大きくため息を吐くハウザー
「正直アホらしいが、これ以上被害を出すわけにはいかねえ!」

ホーク
「プガーおのれぇナメやがって~!!次はこいつじゃー!!」

ハウザー
「しつけーな!!」

そして夜・・・

ぐったり疲れているハウザー

グリアモール
「大丈夫か、ハウザー?」

ハウザー
「いや・・・もうぐったり」

ホーク
「お・・・お~いメリオダス~エリザベスちゃ~ん」

エリザベス
「ホッ・・・ホークちゃん!?」

七つの大罪番外編

マーリン
「・・・無理もあるまい それなりに強力な効果をもたらすマジックアイテムだからな・・・
量を摂取する程、莫大な体力(カロリー)を消費するのだ」

七つの大罪番外編

–おしまい

スポンサードリンク