会長島耕作 step58 You’re No Good

公開日:  最終更新日:2015/08/26

-テコットの上海研究所内でのスパイ疑惑。
そのバックにいるのは闇の支配者・曽烈生-

スポンサードリンク

島耕作が社員からミラノまでの航空チケットを受け取る。
経済校友会の視察ツアーらしい。

成田空港。
すでに集まっているところに島耕作が合流。
「おはようございます。」「おはようございます。」

幹事は田尻美佐子(東京生命)。
田尻の説明によると、夕方にはミラノに着き、基本的に自由行動。
ただし、翌7月11日はジャパンデーで、午前中の式典と
午後のステッリーネ宮殿でのレセプションには全員出席とのこと。

陳のオフィス。
ノックをして劉(りゅう。経理担当)が入ってくる。


「どうだ、その後黄大清に変化はないか?」


「はい、今のところ何も変わった様子はありません。」


「うちの研究所の他の研究員のパソコンにも変化はないか?」


「はい、データが流出したというトラブルはどのパソコンにも生じておりません。」


「そうか・・黄がスパイだったというセンは消えたか。」


「先日の情報漏れに関してはシロかも知れません。
しかし、麻薬に手を染めているなら看過できません。
なんとか対処しなければならないでしょう。」


「そうだな。このままだといずれ薬の購入資金に困って犯罪を引き起こす可能性がある。」
近いうちに医師を会社に呼んで待機させておいてくれ。
黄大清を抜き打ちで検査しよう。」

入浴中の曽烈生に研究員から電話が入る。
曽烈生
「もしもし、私だ。」

研究員
「ご報告しなければならないことが・・
実は国立研究所のパソコンにウィルスが侵入してデータがすべて吹っ飛びました。」


「原因は?」

sima1

研究員
「黄大清から送られてきたテコットの中央研究所の人工光合成データを開いたら破壊ウィルスに一瞬にしてやられました。」


「相手に気づかれたかな。」

研究員
「どうやらそのようです。
黄は自分が気づかれたことを知らないみたいですが、相手は黄を利用してこっちを攻撃してきたということでしょう。」


「そうか、黄の役目は終わったな。例によって一切の痕跡を残さないよう、処理しろ。」

研究員
「わかりました。。」

スポンサードリンク

黄は曽の部下の運転する車に乗っている。
大きな川に架かる橋の上にさしかかる。

運転手
「黄さん、今日は美味しいウナギの店に行きませんか?」


「いいですね。わたしもうなぎは大好きです。
どういう店ですか?」

運転手
「うちのボスもよくいく店で、この河でとれるオオウナギの店です。
今年はちょうどこの橋のあたりでオオウナギが豊漁のようですよ。」

と、運転手は急に車を止めた。

黄の背後にひもを持った男が身構えている。

sima2

しがらくすると黄は死体となって車から引きずり出され、橋から河に投げ落とされた。

「これでまたうなぎが大きく育つ。」

sima3


「黄が出社していない?」


「そうなんです。今日は重要な会議なので、自宅に電話してみたんですが、全く応答がありません。
我々が感づいたと悟って、雲隠れしたのでしょうか。」


「うむ・・・」

島耕作の乗る飛行機。
田尻
「みなさん、起きてください。もうすぐ着きますよ。
ご準備を。」

sima4

–58話ここまで

○感想

黄大清。
やっぱりこうなりますよね。
人間をエサにしたうなぎはさぞおいしいのでしょうね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑