山田くんと7人の魔女 187話 ポエム部まで!

公開日: 

新学期。
今日は入学式!
伊藤
「というわけで、これから新入生を勧誘しに行くわよ!!」

スポンサードリンク

伊藤はなぜかやる気満々である。

しかし・・・

超常現象研究部の部員

新入生勧誘

どの部活も一生懸命新入生勧誘をしている中で、超常現象研究部の男子はやる気なし。

山田
「伊藤の奴は勧誘なんかしてどうするつもりだよ。
魔女のことだって言えねーし。
ウチの部に新入部員なんていらねーだろ。」

伊藤

伊藤曰く、部費獲得、部継続のために新入部員獲得は必須命題。
パンフレットまで作って本気である(出来はイマイチ)。

山田は奇妙な光景を目撃する。

ポエム部

五十嵐潮とノアちゃんである。
なんと、”ポエム部”。

勧誘は椿に任せて、とりあえず行ってみる山田と宮村。

事情を一通り聞いてみる山田。

いままで屋上で過ごしてきた五十嵐たちだが、玉木に新校舎の部屋をもらったらしい。

何か部を設立する必要があるので、とりあえずポエム部にしたという。

新校舎の部室に興味がわいた山田達。

案内してもらう。

スポンサードリンク

新校舎

山崎が建て替えを進めていた新校舎。
春休み中に完成していたらしい。

そして・・

ポエム部室

とてもきれいで快適である。
水道・テレビ・冷蔵庫も完備。

うらやましくてたまらない山田達。

そしてノアから新たな情報を得る。

新校舎にもう一つ新設された部があり、そこで意外な人を見たというので、行ってみると・・

人間観察部

琢磨類
「玉木君に休める場所が欲しいって頼んだら、新しい部を立ち上げろと言われてね。」

本当は昼寝がしたかっただけらしい・・

玉木はいろんな人のワガママを聞いているようである。

山田達は琢磨からも新情報を入手する。

玉木が新しい秘書を決めたらしい。

山田はたまらず、玉木のところに急ぐ。

山田

行ってみると、山田の後任となる、新しい秘書とは

玉木と悠理

山田
「ど・・どういうことだよ・・
たって悠理は玉木の敵。
選挙で生徒会と敵対してたんだぞ!?
あいつは散々な目に遭わされたしッ。
今だって何を企んでいるかわかんねえ奴じゃねえか!?」

宮村
「玉木は全てをわかったうえで悠理を秘書にしてるんだよ・・・!
考えてもみろ、オレたち以外にあいつほど魔女のことに精通していて、状況を把握している奴がいるか?
おまけに魔女となれば、まさに秘書にふさわしい人材ってわけだ。」

山田
「い・・言われてみれば・・」

宮村
「7人目の魔女である五十嵐君と琢磨にエサを与え、自らにとって危険人物の悠理を手元に置き、山崎が苦労して建て替えた新校舎をも手に入れちまうとは・・・
オレにはここまでできなかっただろうな。
玉木の采配の行方が楽しみだぜ・・!!」

玉木と悠理

–187話ここまで

○感想

玉木君、なかなかの策士のようです。

超常現象研究部のワガママは聞いてもらえるでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑