監獄学園-プリズンスクール- 211話 荒野の決闘

公開日:  最終更新日:2016/04/04

正面切って睨みあっているケイトと万里。

スポンサードリンク

ケイト、一応手で目を覆っているが、指の隙間からキヨシの切れ味しっかり見ている。
「さすがね万里・・・
ここまでたどり着けるなんて。
でも・・・あなたの負けよ!」

万里
「ここからが本当の勝負でしょ?
ケイト・・・あなただって私たちがここまでたどり着けるとは思ってなかったでしょう。
勝負はやってみないと分からないわ。」

ケイト
「いいえ・・・
あなたの負けははっきりわかる。
そもそも勝負なんかする必要もないわ・・・」

「何ですって!?

「そりゃそうでしょ!
反則負けよ!
そんな物騒なモノ出して・・・
馬鹿じゃないの!?
反則負けに決まってるでしょう!!」

「これ・・は・・・・事故よ!」

「事故・・!?」

「そう・・・彼はとても不幸な・・・被害者よ!」

キヨシ
「はい!
僕は被害者です!!」

万里
「その可哀相な被害者を・・
あなたは更に追い詰める気!?」

ケイト
「ぐっ・・・
な・・ならその物騒なモノを早くおしまいなさい!」

キヨシ
「もちろんそうします。」

キヨシ、しまおうとするも、パンツが小さくてすぐにはみ出てしまう。

対峙

万里
「ケイト・・・
まずあなたの軍勢を退かせてくださる?
少しでも不審な動きをしたら・・・」

ケイトはキヨシのマグナムを見た後、生徒たちをさがらせる。

ケイト
「さあ、こちらの武装解除は済んだわ!
今度はあなた方の番よ!」

キヨシはしまおうとするが、どうしてもボロンと出てしまう。

ケイト
「ふっふざけているの!?
さっさとしまって!!」

キヨシ
「ふざけてなどいません!

キヨシ

ケイト
「何なのアイツ・・・
ワケわからなすぎる・・・
気持ち悪い。」

リサ
「だから言ったでしょう。
・・・あの男は本当にキモイんです!!」

スポンサードリンク

キヨシ、独り言
「こうして太陽を浴び、風を感じているとわかる・・・
生きるということは愛するということだったんだ・・・」

万里
(この気持ち悪い躁状態は・・・まさか・・・
臨し体験によるもの?
一度しの淵をくぐり抜けて蘇生した人間は・・・
強烈な自己肯定感と多幸感に包まれると聞いたことがあるわ・・・
それが脳内麻薬によるものかどうかはわからないけど、今のキヨシは言わば酔っているよなもの・・
酔いが醒めた時が恐ろしいわね・・)
「キヨシ・・・しまった?」

「いえ・・まだです。」

「これ以上出しているとウチの負けになるかもしれないからしまいなさい・・」

「ふう・・・しょうがないな・・」

ケイト
「・・哀れな万里!
あんなに男を毛嫌いしてた誇り高き栗原万里が男の下ネタを武器にするなんて・・・
落ちた偶像とはこのことね!
仮にあなた達が勝って裏生徒会が残ったとしても・・・
以前のように学園に君臨することは不可能じゃなくて?」

万里
「・・・さぁ?
それは私たちが決めることじゃないわ・・・
・・・もう一度確認しましょう。
この騎馬戦はどちらの生徒会が生き残るかを賭けた戦い・・・
負けた方の生徒会が解散する・・・」

ガクト
(裏生徒会が解散すると、濡れTシャツコンテストは消滅する・・
小生たちも命を懸けて勝利を勝ち取らねばでゴザル!)

万里
「正々堂々戦いましょう。」

ケイト
「もちろんよ。」

急に風が強くなり、万国旗をつないでいるひもが切れる。

アンドレ

そしてそのタイミングでケイトの騎馬と万里の騎馬が激突する。

ガクト
「会長・・!
アンドレ殿と正面からぶつかり合うのは無茶でゴザル!

アンドレ

股抜き

アンドレを操っているリサ「く・・・」

ガクト
「おお、股抜き!」

ジョー
「スゲ・・・」

シンゴ
「カ・・・カッコイイ!」

股抜きに心奪われたガクト達。

自分たちも股抜きを試みるが、アンドレに足蹴にされてしまう。

アンドレ

股抜き失敗

リサ
「フン・・・二度も股を抜かせるか。」

シンゴ
「危なかった・・・
昼に練習していた時よりも上手く操っているでゴザル・・・」

万里
「確かに・・・
アンドレも完全にリサを信じ切っている様ね・・・
もう股抜きは使えない。
次来られたらマズいわね・・・!

アンドレ

こうなったら・・・」

万里はペットボトルの炭酸飲料を取り出す。

芽衣子

万里
「ケイト・・・
いつまで高みの見物を続けてられるかしら・・・?」

ケイト
「・・・何をする気?」

ガクト
「会長殿・・・
それは・・・」
(イカンでゴザル!
ここで奥の手・・・
副会長復活というカードをここで使うべきではないでゴザル!
もし表生徒会に副会長の復活が張りぼてだと気づかれてしまえば・・
もう後が無いでゴザルぞ!!)

万里
「さぁアンドレ・・
こっちをよく見なさい!」

–211話ここまで

次回 監獄学園 212話へつづく

○感想

それにしてもアンドレの大きさと来たら・・・

デビルリバースくらい?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑