リアルアカウント 49話 DQN狩り

公開日: 

ユウマたちはシェルターにいる。

スポンサードリンク

このシェルター、ミツルが用意したものらしい。
曰く、「鬼やDQNマーブルどころか核も防げる”情強”のマストアイテム」

安全な場所に移動したにも関わらず、皆ふさぎ込んでいる。

ミツル
「さっきリストに名前があった人はそんなに仲よかったの?」

あやめ

だからいやだったのよ。
仲良くなったら失った時にキツいから・・・

そんな中、ユウマとミズキはシェルターを出て行こうとする。

何しに行くのかと引き留めるあやめに

ユウマ

亡くなった仲間たちの復讐のつもりらしい・・

5月2日 AM4:00

夜明けまであと2時間。

その間に狩らなければならない。

DQNマーブル

プレーヤーと一般人、どうやって判別しているのか・・
そこに攻略の糸口がありそうだとユウマは目をつける。

ミズキがナイフを取り出す。

二人が考えた攻略法とは・・・

スポンサードリンク

その頃、ナナコはイマリと行動を共にしていた。

ナナコとイマリ

イマリ
「この型は・・リアアカ社のだな。」

特ダネのにおいがすると言って、リアアカ社に乗り込むつもりらしい。
(そのカードはユウマの親という人がユウマに残したカード。
ユウマはリアアカ社に関する重大な情報が入っている気がすると言っていた)

準備が整った模様のユウマたち。

DQNマーブルを見つけ、

「まず1匹目。狩りスタートだ!!」

しかし・・

ユウマとミズキ

ユウマ
「おいおい、なんでだよ?
今の俺たちはプレイヤーだと認識されないはずじゃなかったのかよ!!」

二人、何とかDQNマーブルをまく。

ユウマとミズキ

DQNマーブルがプレイヤーとそうでないものを区別するのに、認識していたのはマーブルマークではなかった。

となると、

ユウマとミズキ

–49話ここまで

○感想

リアアカ社に乗り込むイマリとナナコ。

ユウマとミズキのDQNマーブル狩り。

面白くなってきました。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑