リアルアカウント 51話 DQNの中の人

公開日: 

ユウマは逆転の発想でDQNたちをタワーから落下させた。

スポンサードリンク

ミズキと二人で下に降りてみると、

DQN

しかし、半分くらいは動いている。
二人はDQNの中身に興味を抱き、ユウマがマスクを外してみる。

DQNの中身

火だるまになっても、タワーから落ちてもDQNが動けていたのは、そもそも最初から生きてはいなかったから。
(マーブルマスクの超技術で動かしていた)

ユウマ
(そして・・・このマスクを作ったのはオレの親の研究所か・・・)

ユウマは中身の人に見覚えがあるといって、次々にマスクを外していく。

すると、驚くことに、マスクの中身がユウマ自身のものがあった。

ユウマのなきがら

他の中身も見覚えがあったのは、リアアカ内で目にしていたプレーヤーたちだったから。

しかし、どう考えてもユウマは生きている。

なぜユウマの体が目の前に横たわっているのか・・・

ユウマは何かに気づいた様子。

ナナコに電話しみるユウマ。

スポンサードリンク

シェルターに戻ったユウマたち。

シェルター

ユウマがシュンとなってしまっている。

あやめ
(無理もないか・・他人のアタシですら頭どうかなりそう。)

しかし、

ユウマ

あやめ
「き・・気を確かに!!
ほら、深呼吸・・・
ヒッヒッフー、ヒッヒッフー・・」

ユウマ
「バーカ、わかったんだよ、”オレの体”がここにある理由がな。」

あやめ
「ほ・・ほんと!?
どういう事なの!?」

ユウマ
「これはあくまで仮説にすぎない。
だが・・俺は妙な確信を感じてる。
ちょっと笑えるくらい荒唐無稽だがな・・」

ユウマの説明

リアアカに意識を吸い込まれた後の体は誘拐された。
誘拐された体は柏木研究所跡に集められ、マーブルのコスプレをさせられていた。
(ここを電話でナナコに確認した。)
そして4月30日の朝、その体に意識が戻って、今SNS鬼ごっこをしている。

と、思っていたが、そうではなかった。
今こうしてしゃべっている自分は元の体ではない。
(なぜなら、誘拐されたときに服も所持品もすべて取り上げられたにもかかわらず、今現在ユウマは自分のスマホを持っている。)

今、目の前に動かずに横たわっている体が元の体。

つまり、さらわれてマーブルコスプレさせられてたプレーヤーの体、それがマスクで操られてDQNマーブルになっていたのだ。

あやめ
「で・・でもそれっておかしいでしょ。だって・・」

ユウマ
「そうだ。
元の体に戻ったんじゃないなら・・・
今のオレたちはどこからきたんだ?」

ユウマは前にも一度、この現象を体験している。

ユウマ

–51話ここまで

○感想

うーん、ちょっと訳が分かりませんね。

どういうトリックなのでしょう。

考えてもわからないと思うので、水曜日を待ちます。

あと、あやめは深呼吸とラマーズ法の区別がついていません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑