リアルアカウント 62話 Re:Start

公開日: 

向井ユウマを土下座させる会を振り切ったあやめとユウマ。
(現在時刻16:00)

スポンサードリンク

あやめはユウマが手を握って逃げてくれたことに感激していた。
(ま・・・まさかとは思うけど・・・
こいつの方も脈ありとか・・・だったり・・なんて・・)
「あ・・あのさ・・・よかったら、また・・・手・・・」

といいかけたところで二人のスマホの画面が・・

ユウマとあやめ

街中でも大騒ぎ。

「あれ・・・なんだよ、スマホが・・・
動かねえ。」

「ひいいい・・・このマークは!!」

リアアカマーク

「り・・リアルアカウント・・・!!」
「そ・・そんな・・
無くなったハズじゃ・・・!?」

マーブル
「どうもです~。
元リアアカユーザー5000万人の皆さま・・・

マーブル

「おいおい、なんだよ、コレ。」

マーブル
「それでは始めましょう!
まずは簡単なオリエンテーションから・・・
その名も・・・
逆リアルフォロワー診断!
選ばないと、即しぼう!!」

カウントダウンが始まる。

アナタは誰とツナガリますか?
1分以内に選ばないと即しぼう。

ゲーム参加者

ゲーム参加者

街中に衝撃が走る!!

マーブル
「この30名が、これから始まるゲームのプレーヤーたちです!!」

あやめ
「あ・・あたしたちのアイコンも入ってる・・!!」

フォロワー表示も復活している。

マーブル
「選ばれし30名のSNSの申し子達!!
この中から推しメンを見つけてフォローしてください!!」

間に合わなかった人は口から血を吐いて息絶えている。

マーブル
「はいっそんなこんなで・・・
リアルアカウント最終フェーズ、いよいよ始まります!!
本戦開始は本日23時。
30名のプレーヤー諸君はリアアカ本社ビル跡地までお集まりを・・・」

スポンサードリンク

あやめ
「ふざけないでよ・・・
もう終わったはずでしょっ!?
全クリって言ったじゃん!!
全クリって全部クリアってことじゃないの!?
ええっ!?
はい、無~視!!
決定!!!
もうこんなのに付き合うことないっ。
向井・・・一緒に・・逃げ・・・」

ユウマはあやめの手をがっと掴む!

あやめ、ちょっとうれしい。
(向井・・・)

ユウマ「ばんざーいっ!」

あやめもつられて「ばんざーいっ!」

ええっ!?

あやめ
「ちょい!!
感情回路バグりすぎでしょ。
なんでテンションアゲアゲなのよ。」

ユウマ
「っしゃあオラァ、フゥーーーッ!!
これが、喜ばずにいられるかよ・・・
この時を半年待ってたんだからな!!
何が全クリだよ。
あんな中途半端で一方的に逃げられてたまるか!!
ハラワタが半年煮えくり返ってもうグズグズだ。
俺は参加するぜ。」

あやめ
「む・・向井っ!
でも・・・もう・・」

ユウマ

ユウマ
「待ってろよ・・ナナコ・・・」

あやめ
(・・・そっか。
そうだよね・・・)

あやめとナナコ

あの時・・・あたし・・答えにつまってしまった・・・)

あやめ、ユウマの胸にパンチ!

(今度はちゃんと答える・・・)

ユウマ
「・・・あァ!?なんだよ!?」

あやめ
(受けてたつわって・・・)
「気合入れたげたのよ!
行こう・・向井!!」

あやめとユウマ

–62話ここまで

次回 リアルアカウント 63話へつづく

○感想

今度はどんなゲームが用意されているのでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑