会長島耕作 60話 Build Me Up Buttercup

公開日: 

経済校友会の視察でやってきたミラノ万博。
心揺さぶる出会いが待っている・・はず・・・!!

スポンサードリンク

ミラノ国際博覧会は5月1日から10月31日までの6か月間開催されている。

万博

テーマは食。そして本日、7月11日はジャパンデー。
各所で様々なイベントが行われる。

午後2時30分からはメインストリートで、東北復興祭りパレードが繰り広げられる。

竿燈

島は案の定、田尻に引っ張りまわされている。

竿燈まつりを見た二人は次は、ねぷたを見に移動する。

ねぷた

40度を超す猛暑の中、着物を着こんで、笑顔で踊る跳人に感心している。

次は日本パビリオンに移動しましょうとはしゃぐ田尻。

日本パビリオン

日本間のメッセージは”「日本食の文化」が、未来の共存社会を切り開く”だ。

展示

展示

暗いところでは田尻が島に密着している。

バーチャル未来レストランも体験して、空腹になったところで、イラン館に移動して昼食をとることに。
(うまいらしい)
食べているときに、島が昨日ショッピングセンターで見た赤いドレスの女性を偶然見かける。
むこうも島を意識しているようだ。

赤いドレスの女性

田尻の携帯に他のメンバーから連絡が入る。

皆はレセプションに出席するために、ステッリーネ宮殿に向かうらしい。

田尻は、自分たちも食べ終わったらタクシーで向かうと答える。

タクシーなのかでは、田尻が島の右手を自分の股間に持ってくる。

ミラノのタクシーはカメラもついていないし、ドライバーは日本語わからないから大丈夫というが・・

田尻

ドライバー
「お客さん、行先はステッリーネ宮殿でしたよね。」

田尻
「え、日本語わかるの?」

日本語わかるの

–60話ここまで

スポンサードリンク

○感想

おばさん、ちょっと、ハメ外しすぎですね。

島さん、優しいから強く拒絶できないし・・・

赤いドレスの女性と島さんがいい感じになったりしたら強烈に嫉妬しそう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑