ちこたん、こわれる 21話 7号機ピンチ!8号機はもっとピンチ!!

公開日: 

体育祭のリレーでスピードを出しすぎてしまって壊れた7号機。
それを回収すべく現れた8号機。

スポンサードリンク

8号機は7号機を寝袋に入れて持ち帰ろうとするが、重くて運べない。

ちこたん

そうこうしているうちに桜坂が出る仮装リレーが始まる。

運ぶのはあとにして、とりあえず8号機は7号機と一緒に体育祭の応援をすることに。
(ちこたんを狙うものがいるが、
人目につくところの方が、むしろ安全との判断)

その時桜坂は塀の向こうから聞き覚えのあるエンジン音がしているのに気づいていた。

仮装リレー出場の桜坂。

変なネズミの格好である。

ちなみに清家と大塚はこんな感じ。

大塚と清家

レースに参加しながらもちこたんのことが気になる桜坂。

しかし、人混みがすごく、スタート地点に立つと、もはやちこたんの姿は見えない

その頃ちこたんは、なんと早くもラバー女に連れ去られようとしていた。

ちこたん

何とか逃げ出すちこたん。

ちこたんがラバー女から逃げるところをチアの猫屋敷が見ていた。

ラバー女から逃げるちこたん。

しかし、すぐに追い詰められてしまう。

ちこたん

すんでのところで助けてくれたのは、なんと、小夏先生。

小夏先生

小夏先生はラバーの中身のはずだが・・?

スポンサードリンク

ラバー女は逃げて行ってしまった。

そこに猫屋敷と大塚がちこたんを助けようと、到着。

猫屋敷と大塚

小夏先生
「ここは私に任せて、あなたたちはラバー女を追って。」

猫屋敷と大塚は行ってしまう。

しかしこれは全て小夏先生が仕組んだ罠だったのである。

小夏先生

猫屋敷と大塚がラバー女をとらえてみると、

ラバー女

二人はゴミ箱にちこたんが抱えていた寝袋が捨ててあるのを発見。


寝袋に入れたちこたんを車に積む小夏先生。

その小夏先生を待ち受けていたのは、我らが亮平!

亮平

小夏先生
「・・どうしてここがお前に?」

桜坂
「僕の耳をなめないでください。
仮装リレーの前に壁の向こうから聞き覚えのあるエンジン音がしているのに気づきました。
前にちこたんが襲われたときの車とすぐわかりました。
彼女に何かあったら必ず犯人はここに来ると思ってましたよ!
さあ、観念しろ、白瀬小夏!!」

–21話ここまで

○感想

すごい。亮平が金田一君みたいになってました。

この話、次回に続くそうです。

このまま追い詰めたら小夏先生、教師辞めなくてはならなくなりませんか。

うまくごまかせるか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑