繋がる個体 28話 後の祭り

公開日:  最終更新日:2015/10/17

消えたここみをと原田。
小さなうその大きな代償。

スポンサードリンク

チワワが妹とヨーヨー釣りをしている間に、ここみと原田がいなくなってしまった。
焦るチワワ。

一方、ここみは原田とどこかに行ったわけではなく、いたたまれなくなって、一人で逃げ出したのであった。
(でも、私エライと思う。自分で!
超大人対応でがんばったよね!?)
「ムカツクー」

と、一人で泣きながらぶつぶつ言いながら歩いていると、原田が現れる。
(心配で追って来たらしい)

ここみと原田

原田
「戻ったほうが良くない?急にいなくなると、ややこしくなるぞ。」

ここみ
「そうだよね。やっぱ、ややこしくなるよね。
見た?妹こないだと違うの!笑っちゃう!
こんな嘘つかれることってある?
戻りたくない。」

原田
(オレが・・この子を追ったのは、あんなにノーテンキに笑う子が、また泣くんだろうか、つらいんだろうか?
って、気になって。)

「どっかいくか?」

妹といるチワワは、真っ青な顔になっていた。
「ケータイ出てくれない。光恵、お前今日帰れ!」


「わ!結局の”帰れ”!?なに?なんなの!?」

チワワ
(オレが悪い!全部悪い!
なんでオレこんなちっせえ人間なんだよ。)

(早く見つけないとダメな気がする。)

「くそっ!!」

妹(ビクッ)
(これは本当に帰った方がよさそうだ。)

そこにみさをからLINEが入る。
”言った?ちゃんと言った?”

チワワの返信
”本物の妹が来た。彼女は行方不明。”

みさをは一人で
「言わんこっちゃない!
”言わんこっちゃない”って、人生で初めて使ったわ、もう!」

スポンサードリンク

当のここみは・・・
原田とバッティングセンターで遊んでいた。

原田空振り。

ここみ
「え~、やだダサい~。
それ、真剣?何しに来たのー。」

原田
「やってみろよ。」

ここみはホームランの的に当たる。

ここみと原田

ここみ
「スカッとしたあ!」

原田
「家帰ったらまたシュラバなんじゃね?」

ここみ
「あ~、今ちょっと忘れてたのにぃ~。」

原田
「あ・・あなたみたいにか、かわいいコを泣かすなんて彼もやるな・・」

ここみ
「・・びっくり。
原田さんもそういう普通のなぐさめ言うんだ?」

原田
「うん。オレも今言っててはずかしかったわ。」

ここみ
「まぁ、私かわいいじゃないですか。」

原田
「自分で言うか?」

ここみ
「で、かわいいのわかってチャラチャラしてたわけですよ。
そういうの高校の時ずっと見てたくせに、ずっと私のこと好きだったんですよ、彼は。
安心してたんだけどなぁ。
このまま愛されちゃうのねって思って。
安心してたから、1回のウソがキツイなぁ。
孝太のウソは他の人のウソとは比べものにならないくらいキツイ・・・。」

ここみ泣。

原田
(また泣く・・うわ、オレ情けない。オレ33だぞ。マジか?今彼氏に嫉妬した?)

ここみイライラ独り言
「孝太ヤっちゃったのかな、あのことヤっちゃったのかな・・
脱童貞したからって、調子に乗りやがって・・・
くっそ、私も一回浮気してやろっかな!」

原田
「さっきから心で思ってることが全部もれてるぞ。」

ここみ
「原田さんどう!?」

4人

–28話ここまで

○感想

これはまずい。

原田の心が完全にここみに傾いているところに・・・

さすがに原田は自重すると思いますが。

みさをが駆け付けるとまたややこしくなるのでは?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑