繋がる個体 30話 3mな二人

公開日: 

繋がる個体 30話 3mな二人

原田にビシッと、
「ココちゃんにちょっかい出さないでもらいたい!」
と言ってやったチワワ。

スポンサードリンク

それに対して原田は
「じゃ、ちょっかいじゃなくて本気ならいいの?」
と返してきた!

切り返されるとは思ってなかったチワワ
「じょ・・ジョーダンですよね?」

原田は無言のまま部屋に入っていった。

しかし、原田は宣戦布告のようなことを言ってしまった自分に驚いていた。
(オレが?あの子を・・・?)

原田

原田の宣戦布告にショックを受けたチワワはその日、ここみと夕飯を食べているときに、引っ越そう、と言い出す。

ここみ
「なんなの、急に?越してきたばっかだよ?
いいとこじゃん。お隣さんもいい人だし。」

チワワ
「ココちゃん、やっぱ大人の男の人がいいの?」

間をおいてチワワ
「ごめん、こんなこと言いたいんじゃないんだ。
ココちゃん自分がモテるの忘れてるでしょ!?
めっちゃ心配!
原田さんの3m以内に近づかないでほしいな。」

ここみは渋々承諾。

スポンサードリンク

翌日、原田と駅で一緒になっても、あいさつはいつも通りだが、きっちり3m離れている。

原田
「なんでそんなに離れてんの?」

ここみ
「彼氏命令。」

ここみと原田

大学で清掃の仕事をしながらも、ここみのことが気になって仕方がない原田。

あんな子供を好きになるはずがない、と自分に言い聞かせても、逆に意識してしまう。

ここみが飲み干した缶を捨てようと、ここみに近寄ると、ここみは変わらず3m厳守。

ここみと原田

しかし!原田は近寄って行ってここみを捕まえてしまう。

ここみと原田

ここみ
「あれ?あれ!?原田さん!?」

その頃、チワワは大学で3m禁止令のことをみさをに話していた。

みさをとチワワ

–30話ここまで

○感想

もう原田は完全にココちゃんの虜ですね。

隣に住んでいるわけだし、自分を制御できなくなるのでは。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑