宇宙兄弟 262話 裏側

公開日: 

地球上では、六太たちの様子がライブ中継されていた。

スポンサードリンク

その理由は、月面の裏側に初めて人類が降り立つからだった。

その人は、エディ。

無事、降り立った時のエディのコメント。

「今降り立った。
何とも猛々しい眺めだ。
人類が初めて立ち入るだけあって、湧き立つ好奇心を感じるが、同時に恐怖も少しある。
それが心地よい感じだ。」

エディ

地球上では拍手喝采で、皆興奮している。

ライブ中継は終わったが、”本題”はこれから。

上手く刺さらなかったパラソルアンテナを、修理して、使えるものは掘って刺す作業だ。

1本目。

五月蝿に画像を送り、確認してもらうと、基盤を入れ替えれば使えそうだということ。

その場で基盤を入れ替える六太。

次は穴を掘ってアンテナを指す作業。

地面が硬いので、掘れそうなところを探すのがまず一苦労。

ようやく1本終わるが、なかなか大変だった様子。

これを最低50本やらなくてはならないらしい。

スポンサードリンク

移動して、2本目。

今度はピパンピム(アンテナを地面に刺す機械)を使う。

ピパンピム

簡単に終了。

3本目の地点に移動している最中にブギーが
ブギー

六太
「何が?」

ブギー
「私の先輩です。
11時の方向岩陰の中。」

六太たちがそこに見たものは、

BRIAN3号

ブギー
「CES-51でナンバヒビトを救った、BRIAN3号です。」

六太
「これが・・・」

エディ
「ずっと・・見てみたいと思ってたヤツだ・・・」

BRIAN3号

–262話ここまで

○感想

掘って埋められるんなら最初からそうすればいいような気がしますが。

故障することもないですし。

ブギーの先輩って、何かと思いましたが、ナンバヒビトを救った、BRIAN3号だったとは。

六太も非常に感慨深いようすです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑