宇宙兄弟 258話 使命

公開日:  最終更新日:2015/09/05

地球にあふれる言葉への答えは、たった一言の揺るがぬ決意。

スポンサードリンク

収賄疑惑により、せりかへのバッシングが止まらない。
ALS実験中止の圧力が強まる中、せりかが出した結論は、
「私はやります。」

星加がせりかと交信している。

星加
「今も役人たちと話してたんだが、やはり説得は難しそうだ。
君がALS実験をすることにはもはや反対するつもりはないのだが・・・
君の先のことを考えると、この選択で本当に良かったのか・・・
私にも分からなくてね。」

せりか
「先なんて・・・
先があると思ってたのに、突然終わるものだってあるんです。
私自身も、このISSもどうなるかは分かりません。
星加さん、おっしゃいましたよね。
チャンスがあるほうに賭けるしかないって。
チャンスは今ここにあります。

utyu1

実験を続けるせりか。
しかし、うまくいかない。

北村絵名が声をかける。
「せりかちゃん、一緒にお昼食べない?
休憩しよ。」

せりか
「ありがと。でもまだやりたいから・・・」

ISS内の他国メンバー

utyu2

絵名がせりかを手伝いはじめる。

せりか
「ちょ・・ちょっと、絵名ちゃん?」

絵名
「やっぱね、こーいう時ちゃんと手助けしないと・・
ウチの父ちゃんに、情けねえって泣かれるからさ・・」

せりか
「だめだよ、絵名ちゃん。
気持ちは嬉しいけど、手伝ったりしたら・・」

絵名
「いや、いいんだよ。大丈夫。どうにかなるって!
一緒に訓練して、一緒にご飯食べて、一緒にロケット乗って、ここまで来たんだから、一緒に実験して、一緒に変えろ。」

utyu3

日本のニュース番組。

キャスター
「収賄疑惑が未だ不透明なままの伊東飛行士ですが、
何と昨日、文科省のホームページ上で、ALSたんぱく実験を中止すると発表されました。」

記者会見をする文科大臣の映像が流れる。

記者
「つまり、伊東飛行士の不正を認めるということですか?」

大臣
「えー、それにつきましては・・我々からは何とも申し上げられません。」

キャスター
「しかしまだ、実験は続けられているらしいんですよねえ」

ネット上でも相変わらず、バッシングは続いている。

実験中のせりかと絵名。

他国のメンバーが何と、酒(コニャック)を飲んでいる。
「大丈夫。カメラと音声は切ってある。
就寝前の今がチャンス。だからさ・・
君らもちょびっとどうだい?」

せりか
「マズくないですか?そんなの飲んで。」

「固いこというな。ストレス緩和の一環だ。
せりかは実験ガールなんだから、これで飲めばいいでしょ。」

といって、スポイトを渡す。

せりか
「これ、実験用のスポイトですよ!もう~。」

その時、せりかは何かを思いついたようだ。

スポイトのコニャックを一滴づつ試験管に落とし始めた。

絵名
「え・・何してんの?せりかちゃん!」

せりか
「多分、この子たちもダメだろうから、ちょっとあげてみようかなって。
ストレス緩和の一環だよ。」

絵名
(沈殿剤にコニャックって・・)

他国メンバー
「ヤケクソってやつね。いいじゃない。せりか。」

せりかは父の言葉を思い出していた。

理由も原因も後で考えればいい。
とにかく何でも試すんだ、父さんは。
成功するまで何でも試す。
父さんはこの病気を治せるものにしたいんだ。
それが使命だと思っている。

utyu4

–258話ここまで

スポンサードリンク

○感想

せりかはバッシングを黙らせるためにも何としても成果を出さなくてはなりません。

さて、このコニャック、行き詰っている実験の突破口となるのでしょうか。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑