ワールドトリガー 131話 VSコスケロ

公開日: 

戦況は刻一刻と・・・

スポンサードリンク

屋内でコスケロと戦っている米屋と三輪。

米屋

米屋

コスケロの出すドロドロのトリガーに足を取られる。

さらにこのドロドロのトリガーが米屋の手にもまとわりつく。

米屋
「うおっ槍が掴めねえ。
足も全然踏ん張れねーし。
地味にやべーぞこれ。」

三輪
「相手にとって不利益なトリオン効果を与える”レッドバレット(鉛玉)”と似た発想のトリガーか。」

コスケロ

米屋
「なかなか後ろとらせてくんねーし、 守り重視の立ち回りだよな。
時間稼ぎ系か?」

三輪
「カウンター狙いの可能性もある。
要はあのシールド(液体盾)と勝負しなければいいってことだ。」

米屋
「OK。
さわっちゃダメ系のやつとは、もう戦ったことあるんだよなあ。

回想

米屋
「旋空孤月」

米屋は天井を斬り崩す。

コスケロ「!」

コスケロ

コスケロ
(黒壁がトリオン以外に弱いことが見抜かれてる。
建物の中はまずいな。)

屋上に出た3人

3人

コスケロ
(さて・・反撃するには時間がほしいところだけど・・)

三輪
「おまえにひとつ訊いておくことがある。
4年半前こちらの世界を攻めて、住民を大量にころしまわったのはお前たちの国か。
それともおまえたちが知る別の国か。」

コスケロ
「・・・それは」

この時、米屋たちの背後からドロドロのトリガーが!

米屋・三輪

米屋
(下の部屋にドロドロを残してやがったのか・・・!)

コスケロ
「・・・それには答える必要がないけど、ひとつ忠告はしておくよ。
戦いの最中に おしゃべりはよくない。」

三輪
「戦いの最中・・・?
馬鹿を言うな。
おまえが上に出た時点で もう勝負はついてる。」

コスケロ

これは遥か遠方から迅が放った斬撃。

迅

コスケロ
(これは・・・アフトからの報告にあった遠隔斬撃・・・!
だけどこの距離・・・黒トリガーか・・・!
会話で動きを止めたのは黒トリガーに狙わせるため・・・!)
「・・・やられたね」

三輪”目標確保 ネイバーを基地へ連行する”
「話は基地でゆっくり聞かせてもらおう」

スポンサードリンク


「悪いけど おれが手伝えるのはここまでだ。
この戦いはもうあと数分で決着がつく。
みんなにそう伝えといて蓮さん。」

月見”分かったわ”

鳥丸とレイジ。

話しながら撃ちまくっている。

鳥丸
「・・・修たちは予定通りランク戦やれそうでよかったですね。」

レイジ
「ああ あいつらは今は1点でも欲しい状況だからな。
試合がなくなれば、上に追いつくのがさらに厳しくなるところだった。
もっとも 遠征艇が破壊されればそれどころの話じゃなくなってくるが・・・」

鳥丸
「大丈夫でしょ。
逆にあの4人でだめならどうしようもないですよ。」

レイジ
「まあそういうことだな。俺たちは俺たちの仕事をするか。」

鳥丸
「はい」

諏訪、撃ちながら叫ぶ
「レイジ! 京介! あと数分で終わりだとよ!
ラストスパートだ。
フルパワーで暴れて来い!」

レイジ「了解だ」

鳥丸「了解」

レイジ・鳥丸

鳥丸とレイジは強力な連続射撃。
アイドラをあっという間に破壊。。

レギー

ヨミ
”敵が消耗度外視の攻めに出た ここでトリオンを使い切る気みたいだ。
押し切られる目に裏に回したドグを使って・・・”

レギンデッツ
”・・・・・・いやダメだ!
完全に戦線が崩されてる・・!
今 犬を出したとこで蹴散らされるだけだ・・!”

ヨミ
”じゃあトリオン兵を引き上げた方がいい。”

レギンデッツ
(全部お見通しだってのか・・・・・・!?)
「・・・くそっ!
ミデン(玄界)・・!
ふざけやがって・・!」
(こうなったら・・オレがやってやる・・・!)

レギンデッツ、起死回生の策は・・・!?

–131話ここまで

○感想

コスケロの忠告からの三輪の返し
「戦いの最中・・・?
馬鹿を言うな。
おまえが上に出た時点で もう勝負はついてる。」
は痛快でしたね。

迅との完璧な連携でした。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑