ワールドトリガー 134話 陽太郎の思い

公開日: 

レギンデッツのもとにヒュースが近づく。

スポンサードリンク

レギンデッツ
「アフト・・・クラトル・・・!!」

ヒュース
「わかっているなら話は早い。
私はアフトクラトル、ベルティストン家直属、エリン家のヒュース。
母国までの帰還に手を貸してもらおう。
遠征艇まで案内しろ。」

レギンデッツ
「・・・」

レギンデッツの回想。

”アフトクラトルの捕虜を発見した場合・・・・・・救助奪還の必要はない”
”邪魔であればこちらで処理していい ということでいいですね?”

レギンデッツ
(こいつが・・・逃げて来た捕虜か・・・!?)

と、そこで
「ヒュース!」
と声をかけたのは、

陽太郎とヒュース

レギンデッツ
(ミデンの子供・・・・・・!?)

地下格納庫での戦闘。

小南によって真っ二つにされた太刀川とガトリン。
だが斬られながらもガトリンは

ガトリン

しかしこれは村上がガード。

ガトリン
「・・・見事」

太刀川
「さすが。」

2人はひび割れていき、爆発と共に消滅。

ベイルアウト

ラタリコフ
「我々の完敗です。
お見事でした。」

ラタリコフも同じように消滅。

風間
「これは・・・ベイルアウトか・・・!」

司令室。

沢村
「トリオン反応消失!
那須隊が捕らえたネイバーと、三輪隊が捕らえたネイバーも同時に姿を消した模様です!」

根付
「ネイバーがベイルアウトを・・・!?」

鬼怒田
「・・・何もおかしいことはない。
こっちだって”むこう”の技術を真似しとる。
逆があっても驚きゃせんわい。」

忍田
(・・・・・・なるほど 敵の大胆さの理由はそういうことか。)
「トリオン兵の動きは?」

沢村
「大部分は後退、撤退するものと思われます。」

忍田
「地上部隊に深追いは避けろと通達しろ。
事態の収束まで気を抜くな。」

沢村
”了解しました!”

スポンサードリンク

太刀川
「なははは・・いや~俺たちの大勝利だな!」

小南
「何言ってんの。
予知通り真っ二つになったくせに。」

太刀川
「予知を逆手に取ったんだ。
予知を利用して敵を倒したんだから、迅の予知に勝ったと言っても過言じゃない。」

小南
「はいはい」

風間
「敵の攻撃を漏らして悪かったな。」

村上
「いえ充分です。
おかげで最後は止められました。」

風間
「敵の完全撤退まで油断はできないが、第一の任務は達成だ。」

小南
「おつかれさま!」

公園。

ヒュース
(ヨータロー・・・
引き留めに来たのか・・・?)

陽太郎はバッグから何かを取り出す。
「わすれものだ。」
取り出したのはヒュースのトリガー。

ヒュース
「それは・・・”ランビリス(蝶の楯)”・・・・・・!」

陽太郎の回想。

迅と陽太郎が話している。


「陽太郎、ヒュースがメガネくんの部隊に入ったらうれしいか?」

陽太郎
「そうなったら最高だな。
ヒュースにはおれがいろいろしこみました。」


「・・・じゃあ、ヒュースが自分の国に帰るって言ったら?」

陽太郎「・・・」


「正直なとこ、ヒュースがここに残る可能性と出ていく可能性は五分五分だ。
だからまだメガネくんにも具体的な話はしてない、おまえはどう思う?」

陽太郎
「・・・ヒュースがかえりたいっていうなら、かえらせてやりたい。」


「・・・そうか。
じゃあおまえにこれを渡しておく。
なくすなよ。」

陽太郎

陽太郎はランビリスを差し出す。

陽太郎
「ヒュースがかえるならわたせって。
迅からあずかってた。
かえるなら、ちゃんとかえるっていえ!」

ヒュース
「・・・悪かった ありがとう」

ランビリスを受け取るヒュース。

このやりとりを見ているレギンデッツにヨミから通信が入る。

ヨミ
”レギー、 聞こえてる? レギー。
隊長とラタは任務失敗。
副隊長とウェンも帰還した。
撤退だよレギー。”

レギンデッツ
(ミデンにいいようにやられて、何の成果もなしに撤退だと・・・!?
このまま何もせずに引き下がれるかよ!
・・・そうだ。
考えてみりゃおれたちがこんな目にあうのは全部アフトクラトルの・・・!)

レギンデッツ
「エリン家のヒュース。
悪いがあんたを遠征艇に乗せるわけにはいかない。」

ヒュース
「・・・?」

レギンデッツ
「今回の任務には いろいろと腑に落ちないことがあった。
・・・見ればあんたはずいぶんミデン人と親しそうだ。
国を売ってミデンに付いたんじゃないのか?」

ヒュース
「・・・なんだと・・・?」

レギンデッツは監視カメラを確認。

レギンデッツ
(ミデンの・・監視の”目”・・・!)
「信用しろと言うなら、ミデンに降ってないという証を立ててもらう。
その子供を人質として、自分の手で捕まえて連れて来い。」

迅

次回 ワールドトリガー  135話へつづく

○感想

おそるべしガトリン隊長。

真っ二つでまだ大砲が打てたとは・・

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑