ワールドトリガー 137話 香取隊

公開日: 

数分前、玉狛第二作戦室。

スポンサードリンク

修と宇佐美と千佳とユーマで作戦会議。

修「敵戦力のおさらいだ。
香取隊はうちと似たエース中心の部隊。
得点のほとんどをエースが獲って ほかの二人はカメレオンでそれをサポートする。
逆に柿崎隊には決まった点獲り屋はいない。
全員の集中攻撃で点を獲る。
全員が接近戦用と射撃用の武器を持ってる。
オールラウンダーに寄せたトリガー構成だ。」

宇佐美
「嵐山隊から佐鳥くんを抜いたみたいな編成だね。」

修「そのとおりです。

マップ

頼んだぞ 千佳。」

千佳
「うん!」


「柿崎隊は万能型の部隊だから、どのMAPを選んでくるかは絞れない。
けどこっちの狙撃を警戒して、ある程度建物が多い場所を選ぶとは思う。」

ユーマ
「そこでオサムの新兵器が活きるってわけだな。」


「そうだ。
”有利な状況を作って敵に当たる”
作戦通りにいくぞ。」

ユーマと千佳
「了解!」

柿崎隊作戦室。

メンバーは柿崎、照屋、巴、宇井。

柿崎「MAPは”工業地区”だ。
建物で狙撃の射線を切りつつ 開けた場所で迎え撃つ。」

柿崎

巴と照屋

柿崎
「玉狛は香取隊と戦い方が似てる。
空閑と香取はどんな状況でも点を獲れるエースだ。
絶対に一人で戦うな。」

二人「わかりました!」

宇井

柿崎
「・・いや そういえば理由は聞いてないけど・・
たしか遠征部隊目指してるって言ってたな。」

宇井
「デビューしたてでもうA級狙ってるってこと?」

巴「すごいな・・!」

照屋
「でも隊長。
負けてあげるつもりはありませんよね?」

柿崎
「当たり前だろ。
もう下位には落ちたくねぇ。」
(このチームは こんなとこにいるべきチームじゃねぇんだ・・!)
「始まったらまずは合流優先だ 4人で勝つぞ!」

3人「了解。」

香取隊作戦室。

玉狛のファイルを見ながら

若村
「やっぱりデータが少ない分、玉狛のほうが不気味な感じするね。」

若村・三浦

香取

若村
「そんだけ真剣に遠征部隊目指してるって話だよ。」

スポンサードリンク

香取
「カンケーないじゃん。
家族が攫われたらA級になれるわけ?」

三浦
「ヨーコちゃん・・」

若村
「おまえな・・・
もうちょっとまともに作戦会議に参加しろよ。
こんなこと言いたかねーけど、これ以上落ちたらどうすんだよ。」

香取
「どうするもなにも 負けたらそれが今のうちの実力ってことでしょ。」

三浦
(・・・中位に落ちて連敗・・相当へこんでるな・・・)

若村
「・・いい加減にしろよ葉子。
ちょっと負けたくらいで毎度毎度・・」

香取
「・・・は?
“毎度”って何よ。」

若村
「今までだってそうだろーが!

香取

若村
「ちょっと躓くたびにコロコロやること変えやがって!」

香取、イラッ
「アタシよりガンナランク下の人に説教されたくないんだけど。」

若村
「あんだと・・・!?」

香取
「”上級者の壁”ってのがあんのよ。
マスターになったこともない人間には理解できないだろうけど。」

若村「・・・!!」

三浦
「ヨーコちゃん、それはちょっと・・・」

若村
「・・ああそうだよ・・・
おまえがたった半年で上がったマスター級に、2年かけて腕磨いて 犬飼先輩に射撃習ってもとどかねぇのがオレの実力だよ!!
けどおまえは違うだろうが!!
訓練もせずにそんだけやれるくせに、なんでもっと本気でやらねーんだ!?
毎回毎回 全力出さねぇ理由ばっか探しやがって!!」

若村と香取

香取は若村の顔面にケータイを投げつける。

香取
「なに熱くなってんの・・だっさ。」

若村
「てめぇ・・!」

三浦
「・・・ろっくん!」
(チームの雰囲気は最悪だ・・どうにかしてよ。)
「華・・・!」

三浦はオペレーターの染井の方を見る。

染井
「・・・3人とも

染井

全部隊、転送開始!

転送完了

「さあ転送完了」

「各隊員は一定以上の距離をおいて ランダムな地点からのスタートになります!」


「バッグワームを使ってるのは千佳だけだ。
相手の動きはレーダーで確認できる。
まずは合流だ。」

空閑と千佳「了解。」

桜子「一斉に動きだす隊員達!
ややせまいMAPの”工業地区”
まずは全部隊合流を選択か!?」

出水「・・いや」

香取

–137話ここまで

次回 ワールドトリガー 138話へつづく

○感想

香取はホント、めんどくさくて関わりたくない人種ですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑