山田くんと7人の魔女 197話 ヤるって何を?

公開日: 

白石
「つまり、私が見たのは山田くんじゃなくて、アレックス君が入ってる山田くんだったのね・・?」

スポンサードリンク

山田
「そういうことだ!
つーかまじでアレックスの奴小田切と何してたんだよ?」

白石
「・・・・
ということは、今山田くんは入れ替わりの能力を持っているのよね?」

山田
「そうだけど。」

白石
「だったら山田くん、お願いがあるんだけど。」

「え。」

山田と白石

白石
「あら?どうしてだめなの?」

山田
「だって俺たち付き合ってるんだぞ!?
なのにお互いの体に入るとか・・」

宮村
「フム、なるほど。
要するに山田が心配してるのはこういう事が起きるかもしれないってことだろ?」

宮村、山田(白石ボディ)の顔をなめようとする。

山田
「かもじゃなくて起きてんじゃねーか!!」

山田、宮村を殴り倒す。

山田
「ったく、そういうこともそうだけど、俺が言ってんのは何つーか・・・」

白石と雅

山田
「つまりそのっ
お互いの体のこともよく知らねーのに、こういうのはちょっと・・・」

宮村
「あらあら、山田くんが意識しちゃってるよー。」

椿
「早くやっちゃえばいいのにな。」


「やるって何を?」

山田
「うるせえ!!」

白石
「そんなの今更だわ。
だって私たちすでに何度も入れ替わっているんでしょう?
それに私は自分の体がどう扱われようと気にしてないから・・!」

山田
「あのなあ!
白石はいい加減そういうところ・・・
あ・・そうか。
記憶がねえから初めて入れ替わるみてえなもんだったな。」

白石
「そんなことないわ。
だって日記を見ればしょっちゅう入れ替わってたことくらいわかるもの。」

山田
「じゃあなんで今更!?」

山田と白石

山田
(記憶がないとはいえ、白石はやっぱ変わらねえんだな・・)
「わかったよ。
今日一日だけなら・・・」

宮村、白石と肩を組み
「安心しろ!
何かあったらオレが守ってやるからな?」

白石
「別に大丈夫よ。」

山田
(宮村と同じクラスってのが心配なんだよな。)

山田と雅

椿、泣。
「・・おれだけひとり。」


「安心しろ、オレもだ!」

伊藤
「それで山田、うららちゃんの体はどうなのよ?
あ?どうって・・
そうだな、胸が揺れて重てえし、股がスカスカするっつーか・・・」

伊藤
「そ―ゆーことを言ってんじゃないの!
いろんなとこ見たんでしょ?
後は触ったりー。」

山田
「言っとくが俺は入れ替わった後は極力あいつのプライベートに関与しねえようにしてきたんだ!
白石のこと裏切りたくねえからな!」

しかし、伊藤にじーっと見られると
「ちょっと揉んで、チラッと見ました。」

伊藤
「正直でよろしい。
女同士困ったことがあったらいつでもあたしを頼っていいわよ?
トイレもついていってあげるしー!」

山田
「一人で行くからいいわ!」

伊藤
「な・・・っ
そういうの女子に嫌われるわよ!?」

山田
(・・・まぁ、久々に白石と入れ替われたしな。
今日は思いっきり白石を満喫するかぁ!!!」

山田がボケっとしてると

伊藤
「ホラ、行くわよ!」

山田
「待ってーん、雅ちゃーん。」

伊藤
「がに股キモッ!」

スポンサードリンク

山田の白石満喫の一日とは・・・

山田と雅

山田と雅

放課後。

山田、ぐったりしている。
「疲れた~。
やっぱ頭いい奴になり切るのって疲れるわー。」

伊藤
「全く頭使ってないくせによく言うわ。
それじゃーアタシ修学旅行委員会があるから、アンタは先部活行ってて!」

「おー!」

山田
(やれやれこれでやっと元に戻れるぜ。)

山田、白石の机の中にスケジュール帳を発見。

(これくらい見たっていいよな・・・?」

普通のスケジュールが書いてあり、さらにめくっていくと・・

注意事項

山田
(あいつ、こんなのいつの間に・・・?
今日?
・・いや、俺が入れ替わりの能力を持ってることはさっき知ったはず・・・
だとしたらこれを書いたのって・・・)

部活に急ぐ山田。

山田
「白石!!」

白石
「山田君?」

部室には白石一人。

山田
「ごめん!
オレさ、これ(手帳)今気づいて・・ッ」

白石
「こっち来て。」

「・・・うん。」

山田と白石

元に戻る2人。

白石
「私もね・・気付いたことがあるの。」

白石は山田の鞄から消しゴムを取り出す。

白石

白石
「そういえば家にある山田くん日記に書いてあったなって。
まだ入れ替わり始めたばかりのころだったかしら。
山田君の消しゴムにいたずらしたの。
これ見つけて笑ってくれたらいいなって・・・
そう日記に書いてあったのを思い出して、まだ大切に使ってくれてたんだなって!」

山田
「いや・・・まあ・・・」
(やっべー、今気づいたわ!!!)

山田

山田
(とにかく、謝ろう!!)

白石と山田、同時に
「あのさ。」「あのね。」

白石
「嬉しかった。」

山田「・・・・うん。」

白石
「ねえ、山田くん。
あなたが言うように、私も早く記憶を取り戻したい。
でもね・・・

山田と白石

–197話ここまで

次回 198話につづく

○感想

今回はほんわかしたお話でした。

うららちゃんはホントいいコだなあ。

でもうららちゃんと雅に股間見られるのはちょっときついな。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑