山田くんと7人の魔女 201話 パーラダーイス

公開日: 

うららと海に行きたい修学旅行2日目!
ドラゴンダーヤマ、遂に再臨す!!

スポンサードリンク

2日目の朝。

ダーヤマは爆睡。

やっと目覚ましを止めて・・
「そうか・・
昨日委員長達とゲーム大会して、部屋に戻ってそのまま・・・」

また寝そうになるが、ハッとして・・

山田

宮村
「・・・と、言いたいところだが・・・

宮村

山田、朝食を食べながら
「ドラゴンダーヤマか・・
もういいだろ・・
やらなくてもさぁ・・・!」

宮村
「そういう訳にいくか!
見ただろ、昨日の夜の委員長のテンション!
ずっとその話題で持ちきりだったじゃないか!
要は委員長さえ占っちまえば済む話だろ。
そしたらあとは、ず~~~~~~~~っと

宮村

わかったよ、やるしかねえな・・・!
ただし宮村は助手として働け!」

「う゛ッ」

山田
「さて、

筑紫

宮村
「だとしたら面倒だな。
筑紫も山田の記憶ないんだろ?」

「あぁ・・
けど大丈夫だ。」

筑紫の元に向かう山田。

山田、筑紫と離れたところに二人。

筑紫
「私とキスをして欲しい・・?」

「ああ!
お前がそういう仕事をしてるって聞いてさ。」

「その通り。
だが今日は断らせてもらう。」

「え。」

「休暇中は絶対に仕事はしないと決めている。
帰国してからにしてくれないか?」

「待ってくれ!
それじゃ困るんだよ!!」

「ああ、ちなみに・・・
取引はここグアムで行ったことになるから・・
キス1回分をアメリカドルに換算して・・・
日本円で5万6千5百円になりまーす!」

「どんな取引だよ!?」

「ならばここまでだ。
私はビジネスの話をしている!」

山田
(結局金ってわけか・・・)
「わかったよ。
その金額分・・・
JK仮面の仕事を手伝うってのでどうだ・・!?」

「な・・なぜそれを・・?」

山田、宮村に報告。

宮村
「それじゃあ山田は、自分の体を売って取引したのか・・・」

山田
「人聞き悪い言い方するんじゃねえ!!
労働の対価だろ!

宮村
「それで未来予知の能力はコピーできたんだな?」

「ああ・・
めっちゃエグイ角度の水着を着ている未来が見えた・・」

「筑紫さんは見かけによらねえ性格があるからな。
よし山田!
ついでに俺の未来を見てくれ!」

「はあ!?なんでおまえの・・」

ブチュッ

山田
「え・・
どうして白石が見えるんだ?」

「え?」

そこに白石が
「仲いいわね。」

山田「・・・」

スポンサードリンク

山田と白石二人。

白石
「じゃあ海に行くのは午後からになるわね。」

「だな。
悪いな、俺のせいでオマエまで・・」

「ううん!
ちょうど近くにあるシッピングモールにも行きたいと思ってたから。
それとも私も未来を見てもらいに行こうかしら。
ダーヤマ様に・・・!」

「えぇ!?」

「冗談よ。
それでね、山田君・・・
ホテルの前の海岸をずっと行った所に、小さな丘があるらしいの。
そこから見える夕日がすごくきれいなんだって!
後で行って見ましょうよ・・・!」

「夕日?」

山田の妄想

白石と山田

そして二人はそのまま・・・

白石
「山田くん?」

山田、テンションMAX。
「よおおおおおしッ!!
それじゃあ後でな!」

「・・うん。」

委員長
「わぁ・・・
ついにこの時が・・・!」

ダーヤマハウス

宮村
「だろう?
ダーヤマ様はとても尊く高貴なお方だ。
くれぐれも失礼のないようにな!」

委員長
「わかりました!
失礼します!」

入ってみる。

ダーヤマ

委員長
「握手してください!」

ダーヤマ
「う・・うむ。」
(よし、いいぞ!
委員長の奴、完全に信じてやがる!!)
「では早速ではあるが、汝の未来を見てしんぜよう。
ますは目を閉じ、私が良しというまで決して開けてはなりませんぞ!」

※牛乳瓶の底のようなメガネをしているので目を閉じているかわかりにくい。

ダーヤマ「では・・」

ダーヤマは委員著の体をあちこち叩いた後、叫び声の後、チュッとキス。

すると、ダーヤマ
「見えた!!!」

ダーヤマが見た未来とは、

委員長と山田

委員長と山田が二人で夕陽を見て、キス!!

ダーヤマ
(・・・あれ?
ど・・どうして・・
なんで俺が委員長と夕日を見に行くことになるんだよぉぉぉぉ!!!)

–201話ここまで

次回 山田くんと7人の魔女 202話へつづく

○感想

宮村が白石と・・

で、山田が委員長と・・・

ホント、どんな流れでそうなるのでしょう。

ダーヤマハウスは力作でした。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑